【最近は写真多めです】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさん。

季節は夏です。

夏と言えばなんですか?












そうだね。プロテインだね。


middle_1138784502.jpg




というのは冗談で、


そうです!




「蠅叩き」です!笑





蝿叩きという行動を遂行するまでの過程はまさに

ダイナミックシステム理論です。

環境は自分の部屋。

暑い・・・。

暑い・・・。

うおおおおおおおおお!

暑い!!!!!

もう寝てやる!

ベッドに横になります。

と、そこに。。。

「ブ~~~~~~~~~ン」


「ブ~~~~~~~~~ン」


「ブッ」(自分の腕にとまった)


「うあああああああああ!うざい!!」




「ぶうううううううううううううううん」


「ぶうううううううううん」






・・・・・dgfさfhぢふぃあぱあああああ!!



「殺す!!!!!!!!!」



十分なエネルギーが溜まると

自発的な行動するのです。


蝿に対してストレスがたまり、

感情が爆発しています。

髪を搔き毟り、

叫びます。

「うぜええええええええええええ!!」



速効蝿叩きを手に取ります。



蠅叩きというのは非常に技術が必要なのです。

とても奥が深い!

いっその事「蠅叩き」という種目があっても

良い気がしてきますよね?ね?


蝿が止まる。

そして蝿に気づかれないよう慎重に近づく・・・。

蠅を自分の腕のリーチが届く所までだ。

ギリギリまで近づく。

このギリギリの緊張が快感なのである。

自分の間合いに入った瞬間が勝負。

肩関節の屈曲、肘関節の屈曲、手関節の背屈・・・。

十分にエネルギーを溜めて・・・。


『おめえはすげぇよ。よくがんばった。たった一匹で。』

『こんどは いいヤツに生まれ変われよ。』

『1対1で勝負してえ・・・』

『待ってるからな・・・』

『オラも もっともっと ウデをあげて・・・』




『またな!』



一気に各関節を伸展!!!!!!!!!




ビュッッ!!!!!!!!!!!!



手首のスナップがポイント。



蠅を無事叩いたあとはテッシュでふき取ります。

蝿との勝負は心地良い疲労が・・・。

この時、内発的動機づけにより達成的動機づけが得られます。

そして更なる快感を求め、蝿を探すのです。

蝿叩きには自分の能力に対する信頼と

その能力をいかに効果的に用いるかによって

大きく差が出てきます。


最近の一般ピープルは殺虫剤という兵器を使用します。


あんなものダメです。

もっと思考を働かせないと!

戦略を練って蝿との一騎打ちです。

蝿叩きは日本の一つの文化だと思います!

そうでしょ?

ねぇそうだよね?







●蝿叩き(はえたたき)

おもに屋内でハエやゴキブリなどの害虫を叩いて駆除する道具。

樹脂製のものが多い。

虫をたたきつぶす部分は、

蝿叩きを振り下ろした際の風圧で小さな虫を

吹き飛ばしてしまわないように網目状になっている。


現代の日本においては、

害虫を直接叩き潰すことから衛生的ではないとされ、

殺虫剤の発達や家庭における衛生環境が向上したことなどから、

見かけることが少なくなった。


また形が漢字の「甲」の字に似ていることから、

昭和初期の学生が成績の甲乙丙の甲を表す隠語としても用いた。


みなさん!殺虫剤などに頼らず、

もっと自分の両手の機能を利用しましょう!


人間はこのようにして創造性・自発性・生産性を発揮してきたのだから!笑
2007.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yanopepe.blog110.fc2.com/tb.php/34-8b8a3b87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。