【最近は写真多めです】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
俺の友人に,

変態がいる.


かなりの

変態だ.


この俺でも,

彼の話を聴いた時,

引いてしまった.


というか,

もはや神の領域に

達していた.


以下に書く内容は,

ノンフィクションである.


彼は,

いきなり俺に

話しかけてきた.



「俺,

昨日4発も

抜いたさ.」



「はぁ!?

4発!?

すごいな!!」



「いや,

まだいけるけどね.」



「まだいけるの!?

お前のチンポおかしいだろ!」



「俺はゴリラ級だから.

やろうと思えば,

まだイケるね.」



「すげーな・・・.」



「俺の最近の趣味を

教えてやろうか?」



「お・・・おう.

教えて.」



「ビデオ100で,

AVを探すことだよ.」



「どんだけよ!」



「背表紙でイケるのを

探してるんだよね.」



「変態だね.」



「俺の武勇伝

聴きたい?」



「お・・・おう.」



「高3の時の話なんだけど,

体力が有り余ってたから,

どれだけ抜けるか

やってみたさ.」



「相当ヒマだったんだね.」



「何発抜けたと思う?」



「わかんね~よ!

何発イケた?」



「7発!」




「はぁ!?

チンポ痛くならないの?」



「痛くないよ.

さすがに

最後の方になると,

汁しか出ないけどね.」



「・・・まぁよく分らんけど

すごいな.」



「俺さ・・・.

最近飲み会ばっかりで

金が無いんだよね.」



「そっかぁ・・・.」



「プレステ2売ろうかな.」



「もったいないべ.」



「そうだな.

コントローラー握るくらいなら,

自分のマラ握るからね.」





「名言だな!

鳥肌立ったぞ!!!」




俺の周りには

変態しかいない.





↓PCのみ Slipknot - Before I Forget
2008.05.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yanopepe.blog110.fc2.com/tb.php/165-1937e3b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。