【最近は写真多めです】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2月28日は

第45回作業療法士国家試験です.


すでに俺の脳内イメージでは

病院で働いている自分の姿が見えています.


10年後には読んだだけでビチョビチョに濡れちゃう論文を

2~3個くらい書いているセラピストになっているはずです.


行ってきます!


スポンサーサイト
2010.02.26 / Top↑
俺は,2枚目の絵を見ようと

おそるおそる巻物を披いていった.


そこには

赤ちゃんを凌ぐ絵が描かれていた.



CIMG5020.jpg



何歳の時の自分なのか全く分からない.

現在の「俺」を越えた,未来の自分なのか?


瞳孔は開いており,

焦点が合っていない.


イってしまっている.


鼻の穴は大きく描かれており,

現在の自分に通じる部分も垣間見れる.


人間には「変わる部分と変わらない部分がある」ということを

伝えたかったのだろう.


前回の赤ちゃんとは絵のタッチが変化している.


リアルさは前回の赤ちゃんに劣るものの,

人間の「内面」を表現することに成功している.


この「内面」の解釈に関しては,

見る人の主観に委ねる.


どこか昭和の雰囲気を感じる絵である.


CIMG5021.jpg


眉毛,目,鼻,唇の線を見れば分かるが,

太く直線的な印象を受ける.


おそらく,小学6年生の時の俺は,

「自分という存在」を

直感的に描きたかったのだろう.


これが,

無駄な線を省き,

色と線の粒を明確に描いた結果である.




また,絵の下の文章にも注目したい.

CIMG5022.jpg

『保育園の卒業式』

『保育園を卒業して小学1年生だ!』



・・・.



保育園児の時の自分だった.

保育園を卒業し,小学校へ移る時期の自分を描いたようだ.


保育園児から小学生へ.


新しい環境へ移る際に生じる

希望と不安が入り混じった表情だ.


今の自分もこんな表情なのだろうか.

目がイってしまっているのだろうか.



過去の自分に今の自分の似顔絵を描いてほしい.




・・・.




次回へ続く!


---------------------------


画面中央を注視してから周りを見てみると・・・
2010.02.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。