【最近は写真多めです】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
朝7時30分頃,

目が覚めて起きた.



自分の部屋から

茶の間へ行く途中に事件は起こった.




冬の廊下はキンキンに冷えており,

俺は裸足だったため

「つめてぇえええ」と思いながら

小走りで茶の間に向かっていた.



小走りで廊下を移動していると,

途中で妙な感覚が足の裏に感じられた.



まるで,

真夏にできた水たまりを裸足で歩いた時のような感じ.


生暖かい水が足の裏全体に染みわたるような感覚だった.



実際,俺は液体を踏んだため足の裏が濡れていた.




「なぜこんな真冬に生暖かい液体があるのだろう.」


なぞだった.


しかも踏んだ液体は普通の「サラサラ水」という感じではなかった.

微妙に「トロトロしている水」だった.


茶の間を見ると,

チャーリが不安そうな目で

俺を見ていた.


CIMG4798.jpg



暖かくトロトロした水.

不安そうな目のチャーリ.



すべては線でつながった.



俺は風呂場で足を洗った.




スポンサーサイト
2009.12.27 / Top↑
655037591_21.jpg






・・・.






紙です.




2009.12.25 / Top↑
俺の髭剃りが消えた.

Gillette Fusion powerというやつだ.



gillette_fusion_power_razor_1580.jpg



この髭剃りは

俺が臨床総合実習Ⅰに行く前に

相棒から貰ったものだった.


-------------------------------

※↓ちなみに,この髭剃りの刃を買いに行ったときのエピソード

逃走車を追え!! 刑事ごっこ (前編)

逃走車を追え!! 刑事ごっこ (中編)

逃走車を追え!! 刑事ごっこ (後編)

-------------------------------

家族の誰かが

俺の髭剃りを使ったのかもしれない.



ウチで髭を剃る人は

じいちゃんか父さんくらいだ.



しかし

じいちゃんと父さんが

俺の剃刀を使っているところは一度も見たことが無い.



一応,

父さんに聞いてみた.





「父さん,俺の剃刀知らない?」



父さん
「知らないゾ.」




父さんは,

続けてこう言った.




父さん
「母さんじゃないの?」




「は?」



父さん
「母さんに聞いてみ.」





・・・.




俺は,嫌な予感がした.






「母さん,俺の剃刀知らない?」





母さん
「剃刀?

あぁ,あれよく剃れるね.

風呂場にあるよ.」







「は?」





・・・.




母さんが平然と言い放った言葉を信じられなかった.

一回頭の中で整理してみた.




俺の内言語
「『あれよく剃れるね』・・・だと?

ということは,

母さんは

俺の剃刀で

毛を剃ったということだな.

どこの毛を剃ったんだ?

人間にはどこに毛が生えている?

髪の毛?

眉毛?

まつ毛?

鼻毛?

ひげ?

すね毛?

けつ毛?

脇毛?

陰毛?



落ち着け.

落ち着け俺.




まず,

髪の毛と眉毛とまつ毛は剃るわけがない.


鼻毛なんて剃れるわけがない.

けつ毛無理だろ.

剃ったら肛門が傷ついちゃう.


剃るとしたら,

ひげか,すね毛だろう.


いや,待て.


ウチの母さんだぞ.

まさか・・・.

いや,十分考えられる.


・・・.


脇毛と陰毛の可能性が.

陰毛なわけがない.

パイパンなわけがない.

そんなことを考える俺はおかしい.

まさか・・・.

わき・・・』








父さん
「どうせ脇毛剃ったんだべ?」









「・・・.」








母さん
「脇毛剃ったよ.」




俺は空洞になった.





↓ゆらゆら帝国 - 空洞です
2009.12.14 / Top↑
昨日の17時30分,

学校で国家試験の勉強が終わったので

かずき(理学療法士の学生)を

車に乗せて家に帰える途中の話.



17時30分にもなれば

外は寒く,真っ暗だ.




神●古潭を運転している時,

俺は冗談でかずきにこう言った.





「神●古潭に行ってみない?」



かずき
「絶対やだ.この前,俺痛い目に遭ったから.」




「どうしたの?」



かずき
「夜中に友達と神●古潭に行った後に

中国人墓地に行ったんだ.」




「おう.」



かずき
「その夜,寝たらいきなり金縛りになって

目を開けたら目の前に女の人の顔があって

めっちゃ睨みつけてきたさ.」





「マジで?嘘つくなよ!!」



かずき
「こんな風に!!」



神●古潭の中央分離帯に連なる

外灯の明かりと車内の暗闇のコントラストが

かずきの恐ろしい表情を浮かび上がらせた.



顔面に存在する表情筋が


怒り,恨み,悲しみ,嘆き,妬み,嫌悪,憎しみ,殺意,不安,絶望・・・.


表情から負の感情が読み取れた.





俺は思わず叫んだ.





「うぉおおおおおおお!

ちょ!お前運転中に怖い顔するなって!」



それでも

かずきは表情筋を弛緩させずに

恐ろしい表情を俺に見せ続けていた.





憑依しているのかと思った.





かずき
「ずっと目の前に顔があるから

怖くなって目を閉じたまま開けられなくて

そのまま気絶するように寝たさ.」





「そんな怖い体験によく耐えられるな.」




かずき
「その次の日の夜も

また金縛りになってさ.」





「それやばいって.」




かずき
「体が動かなくなって目を開けたら

白い服着た女の人が立ってこっち見てるんだよ.」





「うあああああ.

その人って初日の人とは違うの?」



かずき
「違う人.

その時も気絶するように寝た.」




「気絶するように寝たって

気絶しちゃうものなの?」




かずき
「怖すぎて意識なくなる感じ.」




「ていうか幽霊が憑かれてたんだな.

まさかかずきが幽霊見たことあるとは・・・.」



かずき
「でさ,さすがにやばいから

じいちゃんに電話して

『お札』を作ってもらって

部屋に貼ったんだ.」






「おぉ.さすがにやばいわな.」







・・・.






かずき
「その次の日も金縛りになったんだわ.」





「意味ないじゃん.」








かずき
「右から

ずっと女の人が

『キャー!×∞』って叫んでるの.」








「おいおいやばいって怖いって.事故るって.」





チキンな俺は

恐怖のあまり運転に集中できなくなっていた.





かずき
「さすがに恐いから右を見れなかったけどね.」






「うわ~.しばらく夜トイレにいけねーわ.」





かずき
「最近は見ないから大丈夫.」






「こえー.」









無事,

かずきの家に着いた.





助手席に座っていたかずきは

ドアを開け外に出た.

ドアを開けたため

車内のライトがついた.





俺は,

ふと,

首を右に回旋させて

かずきの家を見た.










目の前に男の顔が見えた.









目が合った.









目が合った瞬間,

男の顔は歪み,

悲鳴を上げているような表情に変化した.





俺は叫んでいた.





「うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」








・・・.







「・・・あ?」





暴走していた脳みそは

冷静さを取り戻した.




目の前の男は,

俺だった.





かずきがドアを開けたので

車内が明るくなり,

運転席のガラスが

鏡の様に俺を映していたのだ.





かずき
「どした!?」





「いや,

横見たら男の顔があって

幽霊かと思ったら

俺だった.」





かずき
「チキン野郎.」





そうさ俺はチキン野郎さ.



この文章打ってる時も

かなり怖いです.


2009.12.05 / Top↑
2009年12月2日
23時02分58秒

テレビを封印した.


CIMG4785.jpg


封印に使っている紙には呪文を書いた.


CIMG4786.jpg


そろそろマジで勉強します.



この紙が欲しい人は

声かけてください.


あげます.



ガチンコラーメン道Ⅲ 塚原脱退(part1)

2009.12.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。